FC2ブログ

アストロロジカル・サイン

TW2、シルバーレインのPC『終日魁斗』『神代結城』『白夜ほのか』『終日揺光』のブログ兼SS置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【PC雑談】学園祭終了



魁斗「やー、ちかれた。終日です」

ほのか「ふーん、そうですか。白夜です」

結城「……喧嘩売ってる? 神代です」

魁斗「や、なにその反応。遊びつかれただけですが」

ほのか「ずーっと屋上に入り浸って?」

結城「僕らに活動権譲り渡しもせず?」

魁斗「……」

結城「斬っていいと思うよねほのかさん」

ほのか「ばっさり殺っちゃっていいと思うよゆーきちゃん」

魁斗「待って!? 悪いの俺じゃない、背後! そこでこっちをみてほくそ笑んでる背後!」

結城%ほのか「「問答無用!」」

魁斗「ちょ、待っ――」


 ?しばらくお待ちください?


結城「ふぅ(いい仕事をした顔)」

ほのか「いやーすっきり。それで、学園祭で起きた事といえばフリッカーハートの子が来たんだよね!」

結城「来てましたね。でも、『武器:バールのようなもの』はどうかと」

ほのか「細かい事は気にするな♪ 私早速なってきました」

結城「……あの、クルスにするとか言ってたのは?」

ほのか「気魄ダブルブーストしたかったの! 斬馬刀あるし!」

結城「……うわー」

ほのか「そりゃDXの私は壁キャラだけどさ。バロ犬とかキュマエグとか、一切のシンドローム固定なくただ壁になるためのキャラだけどさ。何も銀雨でまでやらなくていいじゃない、と」

結城「……キャラ設定を無視している!」

ほのか「人狼にはいつでも戻れるしいいじゃない。それにバランスも良いんだぞ。ダメージ与えられるアビリティ全部気魄だし。魔剣士に足りなかった瞬間火力も補えるし!」

結城「……なるほど」

ほのか「武器封じは、まぁ気合で直せばOKOK! これでよし」

結城「それで、ほのかさんも黙示録出るんですか? やっぱり」

ほのか「そりゃあね。トトっちほど星が回ってくるとは思わないけど、私もレベル上げたいし」

結城「……活動率上げたい」

ほのか(肩ぽんぽん)

魁斗「(蘇生)まぁうん、おにーさんは当分このまんまだな、ジョブ構成。器用貧乏だがロンドのダメージは無視できないZE」

結城「うんうん……ってちょっとまって、ゴーストチェイサー来た!!!!?」

二人「「な、なんだってー!!?」」

 ※マジでまさにこれ書いてるときにきやがった件

ほのか「……あ、あぁ、神秘依存の気魄自己強化、気魄攻撃超猛毒、気魄……無印100超えの、最高、火力……」

結城「あぁぁぁ崩れ落ちないで!!!?」

魁斗「うん、完璧に富やってくれたなこれ」

ほのか「ぅぁあああああああああああああああああああああああああああ!!!」

魁斗「落ち着け、あと11日我慢すればいい。それにしばらくハート使うのもありだろ」

ほのか「……そ、そうだよね、うん。きっとそうだ、そうなんだ……ちくしょー」

魁斗「俺もがんばってゴチ転向しようかなぁ……まぁ、そうなると貴種をやめなあかんのだが」

結城「やめる気は?」

魁斗「ネーヨ。少なくとも高校行くまでは」

ほのか「……高校いったら?」

魁斗「クルスか魔剣か黒燐か気魄特化に転向する。だからゴチになるなら一年後だな」

ほのか「ふーん。まぁ私は今は魔剣ハートでいいか。剣舞士!」

魁斗「でもまさに剣舞士だよな。筋力強化+自己、他者回復は生体強化系のお得意だし」

ほのか「屠竜刀でも装備するべきかな!」

結城「いやいや。版権版権……でもほのかさんならまだありか」

魁斗「いやだめだろ」

ほのか「まぁ、そこまではしないけど。背後さーん、私の武装考えといてね」

 了解しやした。

魁斗「んでは今日はこんな感じ」

結城「皆さんまたお会いしましょう」

ほのか「それでは?♪」
スポンサーサイト
- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<白夜ほのか武装一覧 | ホーム | 【銀雨SS】Noisy>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。