アストロロジカル・サイン

TW2、シルバーレインのPC『終日魁斗』『神代結城』『白夜ほのか』『終日揺光』のブログ兼SS置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【ねこ】最近の更新がバトンばかりで困る【性格】


 いや更新サボるなって話ですよね。SSすら書いてませんごめんなさい。

 えっと、始める前にこれを掲示、と。


ねこバトン
<ルール>
・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに
「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけなくてはならない。
・「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
・一人称は必ず「我輩」にすること。
・日記の内容自体は普段書くような当たり障りのないもので構わない。
・日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れないこと。
・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事



ほのか「……」

魁斗「俺らには回って来ていない。な、そうだよな結城、揺光」

結城「そうだね。僕らは無関係だ」

揺光「ですの。やるべきは一人ですよね」

ほのか「――なんたる、屈辱っ! 私はイヌ派だと、いうに……っ!!!」

結城「まぁクルースニクですしねぇ」






魁斗「ほらほらー、ちゃんとルール守れよー?」

揺光「な行→にゃ行、一人称は我輩ですのー」

結城「可愛らしくにゃんにゃん鳴くのも忘れずにね?」

ほのか「優しさのかけらも、にゃい……!?」

揺光「あ、そうですの。折角ですし……ねこみみ+ねこしっぽ+にくきうグローブとかどうでしょう?」

魁斗「流石は俺の妹! いいアイデアだ!」

ほのか「うにゃああああああ!? どこから取り出したのそんにゃステキアイテムっ!? え、ちょ、結城君にゃにして」

結城「暴れられると困りますし、取り押さえておこうかと」

ほのか「鬼畜っ! 人の皮を被った化け物! か弱い乙女を羽交い絞めにして何をさせるつもりにゃーっ!?」

揺光「か弱いとか法螺吹いてますけれどどうしましょう、兄様」

魁斗「構わん、続けろ」

ほのか「ちくしょおおおおおおおおおおおおおお!!?」

 ?しばらくおまちください?

ほのか「……(なぜか衣装まで着替えさせられたネコミミ娘)」

魁斗「(いい笑顔で)よし。……んでなんだ、ほのかはこのままバトンに答えるんだろ。もう一つの」

ほのか「にゃっ!?」

結城「そっちは僕らもやろうか、うん」

揺光「ですねぇー」

ほのか「さっきと主張が、違……」

魁斗「さぁ始めるぞーぅ! えーと、『性格バトン』!」

ほのか「ひとでなしぃぃっぃぃぃぃぃいいいいいいいい!!!」




▼何型?

魁斗「Bだな」

結城「ABです」

揺光「Aですの」

ほのか「Oですにゃ……見事に分かれるんだにゃあ」
 
▼自己中?

結城「割と自分中心ですね、僕」

揺光「んー、一般人くらいには自己中心的でしょうか」

魁斗「どうだろ、他人主義ではあるけどなぁ。所詮自己満足だし」

ほのか「うにゃー……自分主義ですにゃーん」

 
▼長所は?

魁斗「身長。あと手先の器用さ、くらいか」

結城「生身での日本刀の扱い」

揺光「ポニーテール、じゃなくて……なんでしょう?」

ほのか「三つ編み、じゃにゃくて、えーと、後先を考えにゃいこと!」

魁斗「どう考えても短所だろそれ」

 
▼短所は?

魁斗「んー、自分を大事にしろってよく言われる」

結城「活動率のなさ」

揺光「切実ですの……いえ、私も似たような状況ですけれど」

ほのか「後先を(ry」

 
▼泣き虫?

魁斗「冗談でならともかく、マジ泣きはほとんどしないぞ」

結城「同じく、あまり泣きませんね」

揺光「……(思い返し)」

結城「(ナレーション風に)魁斗がいなくて寂しくて泣いていた、あの頃。あぁ愛しのお兄様、今貴方はどこにいるんでしょうか……」

揺光「なっ!? ち、違いますの違いますの! そんなこと決して……っ!」

ほのか(仲いいなぁ二人とも……)

魁斗「んで、ほのか猫は?」

ほのか「普通くらいかにゃあ。悲しいことがあれば泣くけど……あと猫いうにゃっ」

 
▼すぐ怒る?

魁斗「敵相手には。というか、俺が許せない相手が敵になるんだが」

結城「怒るとかはあんまりしないなぁ」

揺光「意外と怒りますの。……小さいとか言う人には特に」

ほのか「んー、そこそこ、って感じかにゃぁ」
 

▼面倒臭がり?

揺光「ですの」

結城「そのとおり」

魁斗「当たり前だ」

ほのか「大嫌いです面倒にゃこと」


▼怒鳴る?

魁斗「微妙。叫ぶことはままあれど」

結城「僕もそういうのはあんまり」

揺光「……たまーに」

ほのか「けっこう怒鳴るかにゃー」

 
▼命令する?

魁斗「強制はしたくないです。冗談ででもたまーに」

結城「あんまり」

揺光「必要ならしますの」

ほのか「冗談で言うくらいかにゃぁ」
 

▼物に当たる?

魁斗「あ、これはあるかも。電柱ぶん殴ったり」

結城「試し斬りならともかく、普段はしませんね」

揺光「私もモノに当たることはあまり」

ほのか「結構してるかにゃー。枕投げたり」

 
▼優しい?

魁斗「どうだろ。味方には優しいつもりだが。あ、冗談のときは例外ね」

結城「常識があるという意味でなら。求められて優しく接する自信は……ありませんね」

揺光「普段は優しいつもりですが……」

結城「(ないない、という顔)」

ほのか「あの二人はほっとくにゃ。我輩は優しいよ、にゃ?」


▼毎日笑顔?

魁斗「(歯がきらーん)」

結城「とってもきもやかだよ魁斗、そしてその数秒後にいつも星になるんだよね。僕も笑顔ですかね」

揺光「私も笑顔ですねぇ」

ほのか「むしろ笑ってにゃい我輩のほうが珍しいにゃー」

 
▼遠慮無くなんでも言う?

魁斗「遠慮はします」

結城「時と場合によります」

揺光「TPOを考えます」

ほのか「そのとおりですにゃ」

 
▼我が儘?

魁斗「……どーだろ?」

結城「我侭なほうだとは思っていますけど」

揺光「我侭……少しだけ?」

ほのか「凄く……我侭ですにゃ……」
 
▼大人しい?

ほのか&魁斗「「ねーよ、jk」」

結城「回りにあわせる感じですね」

揺光「大人しいですの」

 
▼無愛想?

ほのか&魁斗「「ねーっつってんだろjk」」

結城「少し自重しようよ君ら。あとほのかさんは語尾、語尾」

ほのか「にゃーん?」

揺光「(きゅん)……え、あ、愛想はあるほうですよ、多分」

 
▼どちらかと言うと姫?悪魔?

魁斗「どちらかと言わず騎士になりたいです」

結城「わーキモーい。僕は悪鬼の類で十分です」

揺光「一応、階級的には姫ですけれど……」

魁斗「うん、まず間違いなく悪魔」

揺光「兄様、ちょっと家族間の重要なお話が」

魁斗「え、ちょ待って、ウワナニスルヤメ(ry」

ほのか「これでも侯爵家の養女です。だから」

結城「ねこですよね!」

ほのか「……結城くんの、馬鹿あああああああああ!!!」

 
▼ズバリ性格は良い?悪い?

魁斗「悪いほうだな、うん」

結城「悪いというか……薄いというか……」

揺光「そんなのいいに決まって……嘘ですの」

ほのか「いいほうだと信じたいにゃあ」

 
▼自分で思う性格は?

魁斗「他人主義。ネタキャラ」

結城「刃物愛好家。戦闘狂」

揺光「……小悪魔」

ほのか「馬鹿、逃避癖、かにゃあ」
 

▼人に言われる事は?

魁斗「自分を大事に。あと魁斗自重。それとしゅうじつ。とととととととと。さきがけと(以下名前関係」

揺光「……うわぁ…………あ、私は『黙っていれば可愛い』ですの」

結城「なんで気にしてないのかな、揺光……『不幸キャラ』『活動率低いよね』」

ほのか「惨々たる状況にゃ……えーと、『料理するな』」

 
▼男女関係なく友達の理想は?

魁斗「馬鹿騒ぎできて、かつシリアス対応なコンビ」

揺光「のんびりすごせて、優しい人」

結城「話が合う人。もしくは弄りやすい人」

ほのか「個性が出るにゃあ……いっしょにいて楽しい人」


▼最近言われて嬉しかった事は?

魁斗「『シリアスなトト』」

ほのか「もう手遅れだにゃ、トトっち。『いっしょにいて楽しい』」

結城「…………………………活動率的な意味で特にない……」

揺光「ざまぁ、じゃなくて結城さん南無。『普通に可愛いと思います』」


▼バトンの送り主の顔は見た事ある?

魁斗「某河川敷に顔を出していたとこは見た。今のところニアミスか」

揺光&結城「「知りません」」

ほのか「友人だと思ってるにゃ!」

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
▼次に回す人(思い浮かんだ人)を適当にどうぞ。

 
【クール】
ほのか「トトっち、任せた」

魁斗「あいよ。えーと、え……と……」

結城「いないのか……」

魁斗「ブログ見てるヤツに限るといないな。知り合いだと終とか、ななぎんとか」


【可愛い】
魁斗「じゃあ水城で」

揺光「ノロケは他所でどうぞ、兄様」

【癒し】
ほのか「きゃー珠玖伽たーん! にゃーん!」

結城「落ち着いてくださいよ……」

魁斗「俺からはしーちゃんかなぁ」

 
【格好良い】
魁斗「きゃーくろのーん!」

結城「だから落ち着けと……」


【面白い】
ほのか「ごめん知り合い全員」

魁斗「俺もほとんどの知り合い」

揺光「……なんというか、凄い環境にいるんですのね……」
 
【美しい】
ほのか「んー、個人的にはいっちゃんさん。那美さんも綺麗だにゃ」

魁斗「美しいってあんまりいないんだよなぁ……俺はパス」
 
【楽しい】
ほのか&魁斗「「だから全員だと何度」」

【頭が良い】
魁斗「イセス。アイツだけじゃないが、コマンダーでしっかりがんばってるしさ」

【礼儀正しい】
魁斗「……えー……しーちゃん?」

ほのか「すだちちゃんとかかにゃぁ」
 
【大人】
魁斗「年齢的にくろのん、終、あたりかな」

ほのか「私の周り……あ、ポルテさん」
 
【子供】
魁斗「んー、びみょーだな……年齢的にはそれこそ山のようにいるが……」

ほのか「こっちもかにゃぁ。あんまりいないよねぇ」



ほのか「終わった!? 終わった!?」

揺光「いえ、まだですの。ほら……」

ほのか「あぁ、犠牲者を作らなきゃにゃ。よーっし……」


【ねこバトン回す人】
小机・水城
雲雀・紫衣
葬月・黒乃
イセス・ストロームガルド
白霄院・珠玖伽


結城「……一番下……」

ほのか「さ、気にせずおしまいにするにゃ! もう我輩こりごりにゃ!」

魁斗「え、何言ってるの、これから雑談始めるに決まってんだろう」

揺光「ねこバトンの説明には『普段書くような当たり障りのないもの』って書いてありますの♪」

ほのか「……まじ?」

結城「とりあえず今のほのかさんの服装とか事細かに説明しましょうよ、絵は無理として」

揺光「賛成ですのー!」

ほのか「だ、誰か助けてええええええええええ!?」


 ほのか@ねこ

頭部:ねこみみ
 黒猫の耳が生えてる。
両手:にくきうハンド
 黒猫のにくきうを模した手袋装着。自分じゃ外せません。しかも何ももてません。
両足:ねこブーツ
 ねこの足っぽいブーツ。ふわもこ。
尻尾:ねこしっぽ
 決してX15A5クリ率+3%の装備ではない。黒猫の尻尾。ふりふり。
服装:なんかやたらと露出の多い毛皮っぽい材質の服
 胸と腰だけ覆ってるアレ。

 総合破壊力:A(魁斗調べ)

ほのか「せーの、フロストファアアアアアアング!!!!!」

 え、ちょ、まだ死にたくな(ry


魁斗「というわけで、あれだね。雑談とか久しぶりすぎるね」

結城「だねぇ。SSばかり続いてたし、最近は動いてないし」

ほのか「(そろそろ開き直ってきた)まぁあれだにゃ、いい加減更新頻度上げるか凍結するか選べって話にゃ」

揺光(慣れって恐ろしい……)

ほのか「にゃ? どうかしたかにゃ揺光ちゃん」

揺光「いえ別に。可愛いなぁと」

ほのか「えへー」

揺光「……まぁその、それより銀誓館は色々あったようですけれど」

魁斗「なんか渋谷デストローイ! ひゃっはー! とか言ってる馬鹿がいるな。俺ああいう馬鹿好きだけど」

ほのか「我輩もー」

結城「まぁ、殴り合って止めて仲間にしてっていつもの流れでしょうか」

魁斗「どうだろうな。リプレイ流し読みした限りでは夢獣ってナイトメアと合体して出来たものっぽいし」

ほのか「仲間にするのはむしろナイトメアってことかにゃ?」

揺光「そうだと思いますの。とはいえ背後がちゃんと確認してないからなんともいえませんが」

ほのか「じゃあそんなことは置いておいてバレンタインの話でもするにゃー! チョコくれチョコ」

魁斗「お前作る側だろうに」

ほのか「知らんにゃ」

結城「そういう魁斗はどうするの?」

魁斗「あぁ、バレンタインシナ入らないと……」

ほのか「リア充滅びろ」

揺光「ノロケとか他所でやれとさっきも言いましたのー」

魁斗「……あと2ピンを」

ほのか「私のイラストに回すにゃー」

揺光「私もICもう少しほしいですの!」

魁斗「俺もほしいよ! 戦闘中のICとか新しいBUとか! IGCは絶賛遅刻中だしさ!」

結城「……収拾つきそうにないなぁ、これ。あ、僕のイラストについてはもう諦めました(爽」

魁斗「ほのかてめーんなこと言ってるとねこ状態のBUとか作らせんぞ!」

ほのか「うぇえ!? それは勘弁にゃー!?」

結城「……終わりにしましょうか」

 なんてgdgdなオチ。ではまたいつか。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<【仮プレ】きりきりオルゴール【バレンタインイベシナ】 | ホーム | 【バトン】銀誓館、設定で語るバトン>>

コメント

こんにちわー。。
バトン楽しく読ませていただきました。
今更過ぎてごめんなさい(へにょ
こちらでははじめましてですよね。
雲雀・紫衣ですよー(にへ
………バトンまわしてくれたようで、ありがとうございます。(←
いやもう、このバトン昔からずっとありますよね。(何
リバースしちゃうのでお楽しみにっ(ぱたた←
2010-03-27 Sat 10:25 | URL | 紫衣 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。